施術後にお尻が赤くなる理由 |キャビテーション@エステ完全ガイド

MENU

キャビテーションを受けたあとお尻が赤くなるのはなぜ

キャビテーションとは、音波の一種である体外衝撃波を利用した痩身治療です。体外衝撃波はもともと尿路結石や腎臓結石を破壊して排出させる治療に使われていましたが、それをセルライトの分解に応用したものです。 体の外から衝撃波を当て、固まった脂肪をやわらかくし、同時に血行をうながすことで脂肪の分解、代謝を促進させます。 これによって、今までは技術的に難しかった、ポイントでの痩身治療が可能になりました。お尻だけ、二の腕だけなど、気になる部分を集中的にケアできます。 お尻など大きな筋肉がある部位は、キャビテーションを受けたあと赤くなることがあります。これは血行が促進されたために一時的に起きる症状ですから、心配は要りません。

赤くなる場合もあります

血流を良くすることによって代謝を良くし、結果サイズダウンや、痩せやすく太りにくい体にしてくれると話題の「キャビテーション」。キャビテーションを行う箇所で人気の箇所といえば、お尻や太ももなどの下半身です。 この部分は心臓から遠い為血液が滞りやすく、皮下脂肪もつきやすいのです。 ただ、キャビテーションを行うと、直後に「赤くなる」と訴える方もいます。 ですがこれは、血液の循環が良くなっているために起きる現象です。アルコールを摂取したり、運動をすると体が熱くなるのと同じ原理です。 しばらく放置すれば収まるので、心配はいりません。

キャビテーションエステランキングはこちら