キャビテーションできる部位|キャビテーション@エステ完全ガイド

MENU

キャビテーションできる部位は?

脂肪が気になるところに当てて、その部位の脂肪を集中的に減らすことができる、というキャビテーションですが、キャビテーションを当てることができる部位と当てることができない部位があります。自分が痩せたいと思っている部分の脂肪を、キャビテーションの施術を受けることができるのか把握しておきましょう。

 

キャビテーションを受けることができる部位

キャビテーションを受けることができる部位は、

  • お腹
  • 背中
  • 二の腕

などです。フェイスラインのキャビテーションは可能ですが、エステサロンによってできないと断られることもあります。
いわゆる、脂肪がたっぷりある部位、と考えるとわかりやすいでしょう。どうして脂肪がたっぷりある部位にしか施術ができないのかというと、脂肪に働きかけるマシンだからです。脂肪があまりない部位には、キャビテーションをしても効果が感じにくくなります
キャビテーションを受けて痩せたいと思っている人は、当然脂肪が多い部位にキャビテーションを当てたいと思っているでしょうから、あまり脂肪が少ない部分に当てる必要はないと思いますが…当てられない部位もある、ということを知っておきましょう。

 

キャビテーションを受けられない部位

キャビテーションを受けることができない部位は、

  • 骨が近い部位
  • 首や手
  • 脇の下
  • 整形手術をした部位
  • 傷がある部位

などです。脂肪が少なく骨が近い、そしてキャビテーションを当てると不都合が生じる可能性がある部位はキャビテーションを当てられない、と考えておきましょう。

 

一度に全身は不可能?

 

全身のキャビテーションを一度に受けられれば、時間短縮にもなるしいいのでは…と考えるでしょう。確かにそうなのですが、エステサロンや美容クリニックでも、全身といっても部位が2部位ぐらいに限られていることも多いです。
その理由は、キャビテーションをすることで、脂肪が乳化されて体内で排出するように促されるので、体に負担がかかりすぎるからです。肝臓が脂肪細胞を分解して排出する役目を担っているのですが、あまりに多くの脂肪が乳化されていては、肝臓が頑張りすぎてしまいます。ダルさなどが襲ってくるので、その後しばらく辛いかもしれません。

 

全身一気にと無理はせず、部位ごとにわけて施術を繰り返したほうが、安全で体にも負担が少なく脂肪細胞を減らしていくことができるでしょう。

キャビテーションエステランキングはこちら