キャビテーションの副作用|キャビテーション@エステ完全ガイド

MENU

キャビテーションの副作用について

キャビテーションは、超音波で脂肪細胞に気泡を発生させ、そのまま破壊して排出させる…という仕組みで、脂肪細胞が減ってダイエットができる、気になる脂肪に働きかけるから部分痩せができる、という方法です。キャビテーションの施術を受けることで、何か感じる副作用はあるのでしょうか?

 

キャビテーションは安心で安全?

キャビテーションは、数々あるダイエット法の中でも、副作用がなく、体への負担も少ないといわれています。超音波を当てるだけなので、体に傷がつくこともありません。安全性は証明されているので、安心して施術を受けることができます。超音波を当てることで、脂肪だけではなく内臓や筋肉など、体の内部に影響を与えないか…という心配もあるかもしれませんが、これもしっかりと臨床実験をおこない、問題がないことが認められています。

 

キャビテーション施術後に感じる副作用とは?

副作用として重大な症状は報告されていませんが、やはり脂肪細胞に働きかけて破壊をすることで、違和感が生じる可能性はあります
感じる可能性がある症状としては、まず体のだるさです。キャビテーションで脂肪を溶かして排出させていくので、肝臓で頑張って代謝を促し、体内から排出する準備がおこなわれます。そのため、負担が少ないとはいえ、体はいつもより頑張っている状態になります。どうしても体のだるさや重い感じがあります。でも、体のだるさや重さは、キャビテーションを受けてから3日程度で収まります。しっかりと排出されていくと、消えていく症状なので心配する必要はありません

 

次に知っておいてほしいのは、血中の中性脂肪が高くなる、ということです。キャビテーションを受けてすぐに血液検査をすると、中性脂肪値が高いという診断をされる可能性があります。これは、溶けた脂肪が血管内を通っているからです。一時的なもので、肝臓まで溶けた脂肪が届けば、中性脂肪の値も安定すると思います。

 

体の不調が長引くようなら医師へ相談を

感じる不調は、3日程度で改善するでしょう。キャビテーションは施術を受けてから3日ぐらいは、排出する機能が高まっている状態です。その時に頑張って運動をしたり、食事制限をすることでより痩せやすい、ともいわれています。そのため、体にも変化が起きやすいのです。
しかし、それ以上の期間不調を感じているなら、一度医師に相談したほうがいいかもしれません。自分の体を大事にしながら、安心で安全のダイエット法であるキャビテーションを試してみましょう。

 

キャビテーションエステランキングはこちら