お尻にあてたときの痛み |キャビテーション@エステ完全ガイド

MENU

痛みを感じてしまう。

ただ超音波をあてるだけで、セルライトの分解や皮下脂肪を減少させることが出来ると話題の「キャビテーション」。 特に、脂肪やセルライトのつきやすいお尻を中心に、下半身に行う方が多くなっています。 ただ、まれにキャビテーションを使用する時に「痛い」と訴える方がいます。 ですがこれは、脂肪を分解し、効果がしっかり現れている証拠です。 そのため、痛みはリンパが滞っている部分や、セルライトが冷えかたまっている部分に多く発生します。 リンパが排出され、セルライトが分解されると、段々と痛くなくなってきて、2回目、3回目以上は楽に施術を受けられるでしょう。

キャビテーションをお尻にあてると痛みはどのくらいなのか

効果的な痩身方法として注目を集めているキャビテーションですが、施行時のどれくらい痛いのか気になっている人は多いのではないでしょうか。 一時期前に流行したエンダモロジーは、脂肪が冷え固まっていればいるほど激痛が走り、脂肪の多いお尻にあてて大変な思いをした女性は数知れずでした。 それに比べて、キャビテーションは痛みを伴わない痩身法なんです。ただ、施行中超音波特有の「キーン」という大きな音がするので、それにびっくりする人は多いですね。脂肪が減っていくとその音も徐々に和らいでいきます。 施行時間もそれほど長くなく、とても好評です。

キャビテーションエステランキングはこちら